車の安全装備として当たり前になったエアバッグは、今では軽動車を含む、ほとんどの車種に装着されるようになりました。しかし、まだまだ多くの開発テーマを抱えています。一般に普及しているエアバッグは運転席エアバッグと助手席エアバッグで、人の上半身を前方からだけ護るタイプです。人を護るにはそれだけでは足りません。そこで考えられたのが、サイドエアバッグ、カーテンシールドエアバッグなどです。これらは高級車での装着は進んでいますが小型車への展開はこれからです。
安全装置は、単体の機能装置だけでなく他の装置との相乗効果によって、より高い安全性を実現します。衝突した瞬間にシートベルトの緩みを取り、人を柔かいシートに固定する。エアバッグとシートベルトが同時に作動する制御が、高い安全性を確保します。
「衝突してから人を護る」という考え方は「衝突しないで人を護る」に高機能化しています。プリクラッシュ制御は、レーダーにより前方の自動車の存在をモニターして、自動車に追突の危険があると警告をし、ドライバーがブレーキ操作を行わなかったり、さらに危険となった場合にブレーキ制御を行います。またこの時、ヘッドレストを同時に作動させることも可能になりました。
人の命を護ることを意識したシステム造り。システムOneは「人を護る」レベルを、「人を確実に護る」レベルの安全装置となるよう、これからも開発を続けます。
Copyright (C) 2005 System One. All Rights Reserved.